2012年09月11日

〜昭和のおもちゃ〜

どもども( ´ ▽ ` )ノ 米川地区隊員の及川です。

朝夕は大分過ごしやすい気温になってきましたが、日中はまだ夏ですね!
早く秋になって欲しいものです( ̄▽ ̄)


と、どうでもいい前置きはいいとして、「峠の里・秋の市」の打合せに参加してきました。
(去年の秋の市についての詳細はこちら

この「峠の里・秋の市」は毎年11月に綱木地区で行われているお祭りで
色々な催し物をするのですが、これが色々と懐かしい( ´ ▽ ` )

その一部を隊員の机の上においてパシャリ。
峠の里・秋の市1.JPG

これ、なんだか分かりますでしょうか?

「紙飛行機」「突き鉄砲」なんですが、今はほとんど見かけませんよね?
(隊員の世代でギリギリ知っているかどうか・・・)


「紙飛行機」

いわゆる普通の紙飛行機
紙飛行機.png
翼の下を持って投げて飛ばす。

紙飛行機?
峠の里・秋の市2.JPG
写真のように翼の根本を指で挟み、スナップを効かせて投げる。

うまく飛ばす為には、ちょっとコツがいるんですよねコレ。
(少年時代はうまく飛ばせた記憶なし( ̄▽ ̄))


「突き鉄砲」

峠の里・秋の市3.JPG
竹製のいわゆる空気鉄砲。

玉は木の実や濡らした紙を詰めて使用し、うまく飛べば10m以上飛びます(≧∇≦)b

発射の時に「ポンッ!」という音が気持ちいいですよ〜。


ちなみに隊員は「峠の里・秋の市」でキッズコーナーの
お手伝いする事になりました。

詳細が分かったら、また紹介しますね( ´ ▽ ` )ノ


ラベル:祭り
posted by 米川地域おこし協力隊員 at 15:13| 宮城 🌁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
懐かしい紙飛行機ですね。
小さい頃作ってもらいました…約30年前以上かな。

通常の紙飛行機に対して「燕紙飛行機」と呼んでいました。
アクロバティックな飛び方が燕の宙返りみたいで、
近所の子もそう呼んでました。

今度作り方教えて下さい。
Posted by kajiya at 2012年09月16日 11:18
そうそう!燕です!

なんて名前だったかな〜って、思い出せませんでした(^_^;)

子供の頃作った記憶はあるのですが、作り方忘れちゃいました…。
現物があるのでバラシて…ですね(^_^;)
Posted by 米川隊員 及川 at 2012年09月19日 08:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。