2012年08月22日

〜二股川の鮎〜

どもども( ´ ▽ ` )ノ 米川隊員の及川です。

毎日暑くてたまりませんね!私、少々夏バテ気味です・・・(+o+)

そんな暑い日には海や川で涼みたいもの。

と言うわけで今回は「二股川」(ふたまたがわ)へ行ってみました。

県道346号沿いに流れる二股川
二股川の鮎1.JPG

米川地区を流れる二股川は源氏ホタルが生息する鱒淵川と変わらず綺麗な川で、
景色もなかなかいい感じです(≧∇≦)b

「馬ノ足不動公園」の滝付近(鱒淵川)や、岩手との県境近くにある
岩盤浴のお店付近などでは、水深が浅い部分が広めなので、
お子様連れで水遊びもできます。

今回隊員が行ったのは岩手との県境近くのこんな場所
二股川の鮎2.JPG
ごつごつした岩もなく、浅く広いのでお子様連れにもお奨め!
(近所の人から教えて頂きました(≧∇≦)b)



また、水遊びとは別にお奨めしたいのは鮎釣り( ´ ▽ ` )ノ

二股川では毎年「鮎の放流」をしていて、今年は700kg放流したらしいです。

私は正直、釣りに詳しいわけではないのですが、川を見ると鮎が沢山見れるので
楽しい釣りが出来ると思いますよ(^−^)。

二股川の鮎3.JPG
こんな感じで二股川全域のいたる所で鮎が見れます。

ただ注意して頂きたいのが、二股川での釣りには「遊漁券」が必要という事。

「えっ?じゃ〜釣り出来ないの(゚Д゚ )?」

と思われるかも知れませんが、この券は一般の方も買えるので大丈夫。

参考までに値段を言いますと
『一日券:700円 年間券:3,000円』
との話でした。(北上川漁業協同組合より)

アユ以外にもヤマメも釣れるみたいですし、この券で北上川の釣りも出来るとの事。


近くに少し開けた場所もあったりするので、釣りをしながらバーベキューなんか
いいですね(^−^)

岩手との県境付近の二股川沿いにある「あづま屋」
二股川の鮎4.JPG
(ちょっと逆光で見づらいですね・・・^_^;)

鱒淵川沿いの馬ノ足不動滝公園でのバーベキューなんかもいいですよ(^−^)

馬ノ足不動滝公園
二股川の鮎5.JPG
この奥の川で子供達が遊んでましたね〜。お父さんは大変そうでしたが( ̄▽ ̄)



最後に二股川の鮎についての参考情報です。
・鮎釣りの解禁時期:毎年7月第3日曜日位
・鮎釣りの適した期間:解禁日〜9月上旬位まで
・遊漁券についての問合せは『北上川漁業協同組合』へ:0220-42-2258
今回行った場所の住所:宮城県登米市東和町米川東上沢141付近



ラベル:アユ
posted by 米川地域おこし協力隊員 at 08:48| 宮城 ☀| Comment(0) | 名所・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

〜米川カトリック教会〜

どもども( ´ ▽ ` )ノ 米川隊員の及川です。

お盆休み中、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

ちなみに私はお墓詣りに行ったくらいで、後はボーーっとしてました( ̄▽ ̄)

な〜んて事はどうでもいいですよね(笑)


今回は「米川カトリック教会」を紹介したいと思います。

米川カトリック教会
米川カトリック教会1.JPG

何度かブログにも書きましたが登米市東和町米川「キリシタンの里」としても有名で
江戸時代、隠れ切支丹(かくれきりしたん)が数多くいたそうです。

後に三経塚などでのキリシタン殉教の地である事がわかり、
昭和32年にこの教会が建立されたとの事。

随時公開しているみたいで、一本電話を入れれば中に入る事が出来ます。

教会の中
米川カトリック教会2.JPG
中に入ると待合室みたいな場所があって、その奥に聖堂がありました。

今現在、この教会に神父さんはいないのですが、日曜日には他の地域から
神父さんが来てミサが行われている様です。



また、教会内では当時使われていた十字架やキリスト像、宗門改帳
(しゅうもんあらためちょう)などを見る事が出来ます。

宗門改帳
米川カトリック教会3.JPG

宗門改帳とは
江戸時代にキリスト教禁止令が出され、民衆がどのような宗教宗派を信仰しているか
定期的に調査するようになった。それを記した台帳のことを言います。

中身を見ると・・・
米川カトリック教会4.JPG

ふむふむ・・・なるほどね!・・・って分かる訳もなく・・・( ̄▽ ̄)

「こんなの読めるなんて、スゲーな(◎o◎)」と思い、米川の歴史に詳しい方に聞くと

「慣れだよ」の一言を頂きました・・・(゚Д゚ )ムリ。


鉄製のキリスト像その1
米川カトリック教会5.JPG

鉄製のキリスト像その2
米川カトリック教会6.JPG

上の2つの写真の違いがわかりますでしょうか?

その2の写真では上笠をカパッと開いた状態なのですが、
中に墨で十字架が書いてありました。

普段は上笠と前扉を閉じて普通の位牌に見せていたんでしょうね〜。



他にも刀の鍔やマリア観音像など、色々展示されていましたので
興味がある方はどうぞ〜(^−^)


最後に米川カトリック教会の参考情報です。
・中を見る場合は一本電話を入れて下さい。
(下記の電話番号に電話すると隣の米川聖マリア保育園につながるので
「教会の中を見たい」と伝えて頂けばOKです。)
住所:宮城県登米市東和町米川町裏41-2
電話番号:0220-45-2054


ラベル:教会
posted by 米川地域おこし協力隊員 at 11:31| 宮城 ☁| Comment(0) | 名所・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

〜若草神社〜

どもども( ´ ▽ ` )ノ 米川隊員の及川です。

今日は米川小学校の隣の小高い丘にある「若草神社」へ行ってきました。

若草神社1.JPG

「ちょっと登るの大変そう・・・(´・ω・`)」とか運動不足な私。

鳥居
若草神社2.JPG

「ま、いい運動になるか( ̄▽ ̄)」と鳥居をくぐり登って行きます。

少し登った所に看板があって、こんな話が書かれていました。



「開明坂」由来

大正の頃、米川小学校の教員が突然教壇に卒倒し失明してしまった。

小学5年生の教え子達が毎日当番を決め、盲目になった先生を連れて
若草神社へ祈願していた。

参拝の途中、先生は誤って崖から転落してしまう。

驚いた生徒達が川まで降りて見ると先生の目が開眼していた。



掻い摘んで書きましたが、ドラマの様な逸話ですね〜(^−^)

「黎明の郷」という映画にもなったらしいです。

これがその「開明坂」
若草神社3.JPG

当時はアスファルトじゃなかったでしょうし、もっと険しかったんだろうな〜。

てか、下の川まで落ちたら・・・(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

と思うぐらい、結構な高さです。


で、こちらが目を洗ったという井戸。

霊明水
若草神社4.JPG
残念ながら、今は使えなそうです。

そのまま境内には登らずに脇の小道を散策してみると

若草神社5.JPG

いい感じの景色も見れました(≧∇≦)b
(この後、反対側の入り口に出てしまいましたけどねヽ(^。^)ノ)



拝殿
若草神社6.JPG
夫婦円満と衣食住の安泰、長寿、学問、目の神らしいです。

最近、目が疲れやすいから祈っとこうかな( ̄▽ ̄)


若草神社7.JPG

お神楽の舞台
若草神社8.JPG

鹿に危害を加えないで下さいの看板(゚Д゚ )
若草神社9.JPG
※現在、鹿はいないそうです。



最後に若草神社の参考情報です。
住所:宮城県登米市東和町米川字西綱木3付近
電話:0220-45-2528


ラベル:神社
posted by 米川地域おこし協力隊員 at 11:34| 宮城 ☁| Comment(0) | 名所・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。