2012年08月07日

〜華足寺山門/客殿〜

どもども( ´ ▽ ` )ノ 米川隊員の及川です。

今日は「華足寺」(けそくじ)を見てきました。

この「華足寺」は「山門」と「客殿」が県指定文化財という事で
まずは簡単な説明をば・・・

・奥州三十三観音十五番札所。(本尊は馬頭観音菩薩)
・華足寺は800年頃、初代征夷大将軍 坂上田村麻呂が建立。
・客殿は寛政年間建立。
・山門は1799年伊達九代周宗の祈願により建立。

相当古い歴史の持ったお寺みたいですね〜。

で、一つ目の県指定文化財「華足寺山門」はこちら
華足寺1.JPG

2階建てのちょっと珍しい形をしていますね〜。

屋根には魔除けの龍
華足寺2.JPG

「かっちょえ〜(゚Д゚ )」

門の中・右側には四天王の「増長天」
華足寺3.JPG

門の中・左側には同じく四天王「多聞天」
華足寺4.JPG

神仏に詳しいわけではないですが、こういうの迫力があって好きです(^−^)

山門の2階には十二支の守り「本尊八神像」も安置されている様です。

で、もう一つの県指定文化財「客殿」
華足寺5.JPG

こちらは江戸中期の建築物と見られ、「お成り座敷」「濡縁(ぬれえん)」がある等
珍しい遺構となっている・・・と書いてありました。

私にはチンプンカンプンです・・・すいません(+o+)

写真で分かるかもしれませんが、この「山門」と「客殿」は去年の大震災で
色々破損してしまってます。

県の調査が2回程来ているとの話を聞きましたが、地盤の調査?もするとかで
中々修繕出来ていないとの話も聞きました。
(早く直して貰いたいですね〜)

で、ご本尊の馬頭観音堂がこちら
華足寺6.JPG

この馬頭観音は、馬の霊場としては日本最古のものらしく
多くの競馬関係者が参拝にくるとか。

ここに参拝して水沢競馬あたりで勝負したら、
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!って事にならないかな〜。

競馬やらないけど( ̄▽ ̄)



他にも寺内には色々ありました。

アメリカ及甚の碑
華足寺7.JPG

及川甚三郎(通称:及甚)
1906年に写真の後にも映っている「水安丸」で83人の農民を連れてカナダへ密航。
現地で漁業、農業、製造業など幅広く事業を展開し、生活していたドン島は及川島
と呼ばれるまでになった。新田次郎著「密航船水安丸」のモデル。

銀杏の大木
華足寺8.JPG

弁天様
華足寺9.JPG

そして馬頭観音堂への階段そばにいた「牛」
華足寺10.JPG
・・・・Σ(゚д゚lll)ウシ!? ウマじゃなく!?



最後に少々謎が残りましたが、華足寺の参考情報です。
住所:登米市東和町米川字小山下2
電話:0220-45-1221


ラベル:
posted by 米川地域おこし協力隊員 at 09:42| 宮城 ☔| Comment(0) | 名所・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月02日

〜頼光寺のカヤ/梁川宗元夫妻の墓〜

どもども( ´ ▽ ` )ノ 米川隊員の及川です。

今日は市指定天然記念物の「頼光寺のカヤ」

市指定記念物「梁川宗元夫妻の墓」を見に行ってきました。


ここ登米市東和町米川地区の地域おこし協力隊として
ガイドマップを片手に7月から様々な史跡を見てきましたが

この「頼光寺」・・・


・・・・・・見つけられません(TдT)・・・なぜ???


仕方なくネットで住所を調べて、ナビを使ってみると速攻発見!
(ネットとナビの力は偉大ですな( ̄▽ ̄))

で、到着したのがここ。
頼光寺1.JPG
頼光寺の名前が一般家庭の表札と同じくらいの大きさ(゚Д゚ )

周りが木で囲まれていて、入口も奥が見えにくいので素通りしてしまいそう。

「ちょっと変わった入口だな〜」と思いつつ、中へ入って行きます。

山門「雨晴れ門」
頼光寺2.JPG

山門を抜けるとすぐに見えてくるのが目的の一つ「頼光寺のカヤ」です。

「頼光寺のカヤ」
頼光寺3.JPG

このカヤの木、樹齢が500年くらいあるそうで、大きさも大きいのですが
木肌にコケが生えていて色合いもちょっと風変わりでいい感じです(^−^)

頼光寺4.JPG
巨木、古木好きな方は一見の価値ありだと思います(≧∇≦)b



で、もう一つの目的「梁川宗元夫妻の墓」はこちら。

頼光寺5.JPG
少し急な階段を登った所にあります。

「梁川宗元夫妻の墓」
頼光寺6.JPG

この梁川宗元という人物は梁川伊達氏の第3代当主で
治水事業などで功績を残すものの34歳という若さでお亡くなりになったそうです。

「私より年下ですか・・・( ̄▽ ̄)」

自分より年下の方のお墓を見ると「歳をとったな〜」なんて思ってしまいます。
(気持ちはずっと20歳のままですが(´・ω・`))

本堂
頼光寺7.JPG

今回の取材でも、あらためて「史跡へのルート案内がもっとあればいいのにな」
と感じた米川隊員でした。

※史跡案内板増設や矢印案内板設置の計画も上がっているので、
徐々に改善されて行くと思います。



最後に頼光寺の参考情報です。
住所:登米市東和町米川字城ノ内5
電話:0220-45-1839
ラベル:
posted by 米川地域おこし協力隊員 at 11:32| 宮城 ☁| Comment(0) | 名所・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

〜米川商店会ふれあい夏祭り〜

どもども( ´ ▽ ` )ノ 米川地区隊員の及川です。

今日は7月28に行われた「米川商店会ふれあい夏祭り」の様子を
ちょっとご紹介します。


午後1時に賑やかな音楽と共にスタートした「ふれあい夏祭り」

笛や太鼓の音楽が祭りの雰囲気を盛り上げます。「夏だねぇ(≧∇≦)b」

・・・と、夏らしからぬ怪しげな2名がいますね・・・
米川商店会夏祭り1.JPG
ま、私なんですけど( ̄▽ ̄)

この時、待機状態でも体力がガンガン奪われていくのを感じていました(+o+)

そんな感じで、会場にあるステージ上の様々な出し物を見たり
米川商店会夏祭り2.JPG

なんとなくフラダンスに参加してみたり
米川商店会夏祭り3.JPG

子供達とのじゃんけん大会の応援をしたりで
米川商店会夏祭り5.JPG

充実の時間を過ごさせて頂きました。
(充実しすぎて休憩入る頃には倒れそうでしたが・・・)


そんなこんなで時間が過ぎて、夜の部へと突入していきました。

米川商店会夏祭り6.JPG

日中に比べて気温が下がってきた事もあってか、人も徐々に増えていき、
最後は会場いっぱいの人達で賑わってました。


『町の小さなお祭り』


私の田舎でも、昔は毎年やっていたのですが、いつの間にかやらなくなり
少し寂しいと思っていました。

色々な事情で「小さな祭り」がなくなっているのでしょうが、
出来れば長く続いて行ってほしいものですね(^−^)

米川商店会夏祭り7.JPG
〜黄色いくまの中のおっさんより〜

ラベル:祭り
posted by 米川地域おこし協力隊員 at 16:32| 宮城 ☀| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。